彼氏がうつ病で1ヶ月入院していました。【体験ブログ】

仕事を辞めたい

月1回くらいのペースで来ているような気がします。


彼氏がうつ病で1ヶ月入院していました(最近報告されました)。
アルコール中毒の気もあるようで、私と付き合ってから(6ヶ月目)は普通な様子でしたが、月1回くらい、酔っ払ったりして気分が落ちると1日連絡が取れなくなったり、SNSで友達を削除します等、病んでるような、誰にうったえているか、言っているかわからない文章で投稿してからライン既読無視して、その後普通にけろっとして何事もなかったように連絡が来ます。



先日仕事のストレスがあった日にお酒に酔って暴れて道路に飛び出しそうになったり、その後過呼吸になってビニール袋で二酸化炭素を増やし、落ち着いて睡眠したら次の日は元気でした。
本人曰く、きっかけはなく、急にその日はやってくるので予測できないそうです。


私から見たらストレスがある、体調がよくない際に月1回くらいのペースで来ているような気がします。



他にも昔の友人でそううつだった友人が、リストカットや自殺未遂、アルコール依存などでSNSに手首を切った写真(浅め)を投稿したり、旦那さんから受けたDVの傷を投稿したり、情緒不安定でだれかに助けを求めている投稿をいまだに多くしています。


最近は連絡があっても出られなかったり、こちらも言えることがあまりないので出なかったりしています。ア
ルコールを飲んでから、うつの薬をのんでしまったりするようで、こん睡状態になったり、興奮して?マンションの窓から叫んだり、警察が来たりすることもあったそうです。
そういう話をアツから聞く際は、いたって普通で、まるで自分のことではないように笑って話したりします。



自分自身の父、弟もうつ病で、10年越しでやっと父は薬も飲まないですむようになりましたが、仕事のストレスで病み始めた際は、仕事も長期休暇し、こもりっきりで家族の話もまともに聞くことができない状況でした。
電気もつけない暗い部屋でパソコンのユーチューブを早送りで流したり等、意味不明な行動が多かったです。


まわりのこういったうつ病の人たちの傾向として、もともと生真面目な性格であること、ネットやSNSの情報を割り切って捕らえられず、自分の情報のように混合してしまうところ、普段はふつうなのにいきなりスイッチが入っておちてしまうところなどが共通していると思いました。


結果的にうつ病は現代病で、診断されてしまったら思い込んでします傾向にもあるような気がして余計に病んでしますので、そんなことないし、普通だよという顔で接しているのと、ある程度の距離感が大事だと思いました

関連記事

ピックアップ記事

  1. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  2. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  3. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  4. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  5. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  6. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  7. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…
  8. 薬 ADHD
    薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」 ADHDの症状は大きく2方面に分かれるのでないで…

ピックアップ記事

  1. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  2. 遺伝 家族 ADHD

    2017-2-22

    心療内科でアスペルガー症候群でと正式に診断されて。【体験ブログ】

    幼稚園の頃から人付き合いがずっと苦手だった 私は幼いころから人と接することが苦手でしたが、当時…
  3. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る