集中力がないA君。学童保育の指導員です。【体験ブログ】

子供のADHD 診断されたら?

私は子どもとかかわる学童保育の指導員の仕事をしています。



その中で出会った発達障害の子どものことを書かせて頂きます。

その子どもAくんは、見た目は普通で、はじめは元気が良い、ノリが良い、かわいらしい男の子という印象でした。
しかしだんだん環境に慣れて自分が出てくると、ほかの子とは少し違った様子が伝わってきました。

まず、集中力がないのです。



ずっと座っていることができなかったり、座っていられてもずっと同じ態勢ではいられません。
また、友達と喧嘩になると、相手の言っていることをなかなか理解することができません。


自分のことしか見えなくなってしまうのです。
また、人と話す時には目を合わせて話すことができず、体はゆらゆらと揺れていますし、目線もあっちを見たりこっちを見たりしています。


そんなAくんの一番の問題は、勉強面でした。


当時一年生でしたが、ひらがなも半分も読めていないような状態だったのです。
はじめの頃は、本の内容を教えてきてくれたりしたため、字が読めるものだと思っていました。


しかしそれは、もともと知っている話の本だったことに後から気が付きました。
新しい本を読む時や教科書を読む時には、読めるひらがなだけを追って読んでいるようでした。
また、そもそも集中力がないため、座ってずっと宿題をするようなことができません。



どうしても集中できないAくんのために、何か良い方法はないか、職員同士で話し合いました。
そして、皆で勉強をする時間帯に、Aくんだけ別室で勉強をするという対応をとることになりました。



できる限りAくんが気になるようなものが周りにないような状況を作ろうとしたのです。



また、勉強ができないことを周りの子どもに指摘されることを避けるという意味でも、別室での勉強が良いのではないかということになりました。
基本的に部屋に一人で、時々大人が見に行く状況にしました。



そうしたところ、やはりまだまだ集中力はずっとは続かないものの、以前よりも集中する時間が増えました。


もともと勉強自体は嫌いではないので、集中しやすい環境になると、少しずつできるようになっていったようです。

これからも、Aくんにとって一番過ごしやすい環境を作ることで、Aくんの成長を促していけたらと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. ADHD 割合

    2017-4-20

    30代後半女性。ADHDと自閉症スペクトラムです。【体験ブログ】

    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  2. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  3. 2015-9-22

    美健知箋EPA&DHAの口コミ・評判は?【ADHDサプリメント】

    ADHDの改善を目指すなら佐藤製薬の「美健知箋EPA&DHA」 ADHDの症状改善には病院でし…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る