広汎性発達障害

職場の嫌がらせ、そして適応障害へ。


当時の私は夢だった美容師になり、アシスタントとして多忙ながら充実した日々を過ごしていました。

新人だった私は研修を受けるため同期メンバーと4人で研修先に2時間半かけて毎日通っていました。

同期メンバー以外は初めて会う人ばかりでしたが次第にいくつかのグループもできていました。
ある日から私は嫌がらせを受けるようになり、気持ちも沈んでいきました。


みんなが見て見ぬふりをし、笑っていました。



1ヶ月ほど経ったある日、いつものように研修と仕事の為に家を出ようとしたのですが、涙が出てきて止まりませんでした。
そんな私の異常に母が気づき、心療内科に連れて行ってくれ、診察を受けました。

診断結果は適応障害と診断され会社はしばらく休むことになりました。



症状は、倦怠感、不眠症、死にたいと毎日思っていました。



毎週1回病院に行き診察と薬を処方してもらい、朝晩たくさんの薬を飲んでいました。
主に安定剤と睡眠剤ですが薬がないと寝ることができず、次第に薬を飲んでも眠れなくなり、段々きつい薬にかわっていきました。



引きこもりになり、ろくに睡眠もとれず頭の中はいつも

「生まれてきてごめんなさい。」
「生きている価値がないな。」


と考えてしまっていました。


今思うと、それが一番辛かったかもしれません。

就労移行支援センターという所に入所してから変わりました。


病院以外にもカウンセリングを受け、話を聞いてアドバイスを頂いたり、真剣に向き合ってくれたカウンセラーのおかげで、次第にその人に心を開いていきました。
その方の誘いを受け就労移行支援センターという所に入所し、私の生活はガラっと変わりました。



朝起きて行く場所がある事が本当に嬉しくて、毎日休まずに通いました。
朝から夕方まで作業をしたり面談をしてもらったり、引きこもりだった生活が本当に充実した生活へと変わりました。



そこで出会った仲間たちは皆同じような経験をした人達で、最初は話すこともできなかった人も2年後には見違えて変化を感じました。
私自身が5年ほど社会から離れていましたが支援してくださった方々のおかげで、今は大手企業で就職することができ、もうすぐ2年が経とうとしています。


通院も薬も今はもういりません。



そこまで回復するのにはすごく時間がかかりましたが、こんなに元気にしてもらえて感謝しかありません。
精神障害は目に見えにくいですし、生まれつき障害を持っている人は完治は難しいかもしれません。



ですが、自身がしっかり向き合い、周りが支え見守ることで生きやすくなると施設にいた2年間で実感しました。
もっと私が居たようなきちんとした就労移行施設や事業所が増えることを願っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. 子供のADHD

    2016-1-28

    ADHDの子供・幼児によくある行動は?

    こんな行動が日常的にある場合は子供・幼児がADHDの可能性あり ADHDの主な3大症状は今まで…
  2. ADHD 割合

    2017-3-14

    ADHDの人はどのぐらいの割合でいるの?

    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  3. 情緒障害児短期治療施設

    2017-3-2

    アスペルガー症候群とADHDの長男が小学校1年生に。【体験ブログ】

    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る