私の中学生の息子なのですが、適応障害と診断されました。【体験ブログ】

学習障害

実は、ここに行き着くまでにかなり長い道のりでした。


最初は、中学2年生になって、急に学力の低下が目立つようになり、中ぐらいだった成績がどんどん下がり始めました。
以前は積極的だったクラブ活動(サッカー部)も休みがちになり、心配で尋ねてみたのですが、何も話そうとしてくれません。


もともともそれほど口数が多くなかったので、思春期的なものだろうかと思っていたのですが、徐々に心配になってきました。
というのも学校を休む日が出てきたからです。

最初は勉強が面白くない、先生が嫌いだ、部活へ行きたくないなどいろいろな理由をつけるのですが、あまりにも頻繁で次第に連続で何日も続くようになりました。



それでようやくおかしいと思い、学校の先生に相談に行くことにしました。


中3になって益々状態は悪くなり、ほとんど毎日学校へ行かなくなり、どんなに説得をしても部屋から出ようとしませんでした。
そしてようやく一言”ひとりになるのが怖い”というのです。


これは心の病気だと思い、急いでカウンセリングに連れてきました。
そこではまだ不登校についてのみ言われていたのですが、せめて不登校の子どもがいくスクールへだけでも行ってほしいとおもったのですが、徐々にそれさえ行くことを拒むようになりました。


そこでようやく病院へ行き、適応障害だと言われました。


今のところ弱い薬を処方してもらっています。ひどい鬱状態で、昼間でもほとんど起きることがなく、毎日部屋にドジこもっていたのですが、薬のおかげがようやく最近落ち着いてきました。


ストレス性のものと、器質性のもの、両方の影響があり、学校でのストレスもともと神経質でストレスに弱い性質だったことがこの時期に適応障害として表れたということで診断を受けました。
中学3年生となると、受験なども迫ってきて、ますます本人のストレスとなったようです。

今は何よりも本人の健康だけを考えて、高校進学も幅広く考えています。



無理に行かなくとも通信や定時制なども考慮して、あるいは1年遅れて入学してもよいと家族では考えています。


何よりも本人をストレスで追い込むことがよくないとおもっていますので、まずは健康になって復帰することを考えています。



不登校や適応障害は、もしかするとその後将来にわたる精神疾患の原因となりますので、家族がなるべく広い気持ちで受け入れてあげるのが大切だとカウンセリングや病院の先生にアドバイスをもらいました。

またなるべく明るく、いつもと同じように接するように心がけています

関連記事

ピックアップ記事

  1. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  2. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  3. 高機能自閉症
    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  4. 仕事を辞めたい
    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  5. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは
    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  6. ADHD 原因
    そもそもADHD(注意欠如・多動性障害)の原因はいったい何なのか? 100人に3名とも10名に…
  7. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  8. 情緒障害児短期治療施設
    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…

ピックアップ記事

  1. ワーキングメモリートレーニング

    2015-10-3

    ワーキングメモリートレーニングでADHD・ADDが改善?

    ワーキングメモリートレーニングで脳の作業台を広げよう♪ ADHDの原因は今なお研究が盛んですが…
  2. 高機能自閉症

    2016-8-8

    発達障害の娘と家族の理解【体験ブログ】

    高機能自閉症の娘と私と夫 我が家には発達障害の娘がいます。 小学校や親の会などでいろいろなお…
  3. 学習障害

    2016-8-23

    姉の子どもがADHD。トラブルに悩んでいます。【体験ブログ】

    保育園のころから気づき始めました。 姉の子どもがADHDです。姉は子どもがトラブルを起こすたび…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る