仕事を辞めたい

子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。

ADHDという特徴により、私は人との協調性がなく、常に一歩外れた存在として周囲から認知されていました。
子供のころから現在の成人時までこの特徴に悩まされており困っています。

とにかく自制心がきかず、相手側が分からない事を必要以上に説明したり、突発的に高額な商品をサイフが空になるほど購入してしまうので金銭面や人間関係でうまくいったことはありません。

勉強や仕事などでも初歩的な無巣を連発し、その結果の評価による自身の自己評価の低下からか、自分が生きている意味を常に見失っており生きた心地がしたことがないのです。

私は特に物事を計画的に実行するという事ができません。

計画を立ててもADHDによる突発的な行動がすべてを台無しにして、その失敗による罪悪感からかそれ以上良い風に物事に進展が行われないので余計に申し訳ない気持ちに悩まされます。

じっとしていなければならない食事中やデスクワーク時でも、貧乏ゆすりが止められず私の理解がない人からの心無い声にまたもや苦し無事の繰り返しです。

このような私にとっての悪循環を繰り返す毎日にいい加減嫌気がさしているのですが、嫌気がさしたところでADHDの特徴が消えるわけでもなく、そのうっぷんは家族にすべて当たり散らしているので誰も幸せになりません。

成人した今でも私の家族は私のフォローを行う声をかけてくれますが、その善意と時折憐れむものを見る感覚がどうしようもなく嫌悪感を感じます。

いつまでこの状態の扶養を抱えなければならないのだろうという、私の自意識過剰なのかもしれませんが、年々そのプレッシャーは私に向けられているという思いを感じ自身はどんどん家庭の中で委縮し家族間での会話は減少しているのです。

そんな私でもADHDの治療を行っており、特に効果の高かった「催眠療法」について紹介してます。

深層心理に働きかけるこの治療をほどされたことで、ADHD経験によるさまざまな失敗によるトラウマや、物事がうまくいかないことでの脳のごちゃごちゃした感覚が少しだけ軽減したのです。

薬や適度な運動など、ADHD軽減に効果があるといわれる療法はいくつか試してきましたが、ここまでの効果が出たのは催眠療法だけだったのです。

完全にADHDによる突発的な欲求やミスが減ったというわけではありませんが、以前よりかはスムーズに生きることができているのでこの治療法にとても感謝をしています。

治療を行い、ADHDと自分を切り離すことは今生では無理だともはや悟っていても、どうにもやりきれない思いが私の中に渦巻き苦しめています。

成人した現在では、子供のころには感じられなかった大人特有の「正常ではない者の排他」の思想や感情をより一層感じるようになり、人と話すことに常に恐怖を感じるようになってしまいました。

もしかしたら今後もADHDによる悪い感情を自身に感じることが増えていくかもしれませんが、ADHDにならなければ知り得なかったコミュニティや専門機関の存在など、必ずしもデメリットばかりではなかったと自分に言い聞かせながら今後も生きていくのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 自己愛性パーソナリティー障害

    2017-2-15

    29歳で広汎性発達障害と診断された私。【体験ブログ】

    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  2. 高機能自閉症

    2017-3-14

    3歳の息子が多動性と衝動性の強いADHDです。【体験ブログ】

    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  3. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは

    2017-3-14

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る