異常なこだわりを持つ甥はADHDでした。【体験談】

数年前、姉夫婦の生まれたばかりの甥が、ADHDと発覚しました。

当時、私は姉夫婦とは別居しており、甥がそのような障害を持っているという自覚はないままでした。
甥は幼少期、パズルが苦手で、手先が不器用。よくヨダレを垂らし、かなり短気で、言葉を覚えるのがかなり遅い子供でした(一歳半ぐらいまで、「ママ」とさえ言わないぐらいでした)。

しかし、言葉が遅いのは男の子だし、家系的に不器用なのはおじいちゃん(私の父)の遺伝だから、という周囲の言葉もあり、納得していました。
その遺伝というのが、まさか発達障害の遺伝だとは、誰も思いもしなかったと思います。

ちょっと変わっているかな、と思ったのは、私が姉夫婦と同居し、甥にアニメのビデオを観せていたときのことです。
二歳ちょっとの甥は、一度そのアニメを観ると、毎日毎日、一日に何度も同じビデオを要求しました。

しかも、驚くべきことに、何度も観ているうちにセリフを全て暗記していたのです。

すごい集中力だな、と私は思いました。一時間半の映画のセリフや、ストーリーの流れを暗記することなんて、大人にも出来ません。
しかし、そのときも、「子供だからこういうこともあるのかもしれない」と誰も疑問に持ちませんでした。

その後、甥はADHDと発覚。
幼稚園から小学校にあがると、彼の障害は目に見えて周囲から浮くようになりました。

まず、集中ができない。机に座っていられず、どんなにわかりやすく教え含めてもわからないと投げ出す。

テレビをつけて勉強しようものなら、一分ももたずにテキストから目を離してしまいます。
その様子をして、周囲の子供たちから「バカ」と言われ、結果的に特殊学級に入ることになりました。

さらに、物事に対して異常なこだわりを持っています。
特に彼がこだわるのは、食事でした。漬物の匂いや、ごはんの固さにかなり神経質で、少しでも異常だと感じると箸を置きます。

肉の繊維にも非常に敏感であり、合成された肉のごりっという食感を感じたものなら、怒りだす始末です。
絶対に食べようとはしません。

このような症状で、家族が困っていたところ、私の母がぽつりと姉(甥の母)と、父(甥の祖父)の幼少期について語りました。

私の父や叔父、そして姉も、幼少期は甥と似た子供だったというのです。

みんな授業に全く集中できず、ぼーっとしており、かなり物忘れが多い子供でした。

変なところに異様に神経質で、うまくいかないとキレてしまうことがたくさんあったようです。
つまり、甥のADHDは、遺伝によるものだったのです。

しかし、姉も父たちも、幼少時は特殊学級に入ることはありませんでした。
私の目から見ても、甥の症状は、「学校によくいるちょっと浮いた子」ぐらいしかなりません。

甥は、確かにADHDには違いないのでしょうが、生まれてくる時代によっては、健常児とみなされたのかもしれないのです。

それが良いか悪いかは別として、発達障害に関して、もう少し世間の理解が広まってくれればいいと願うばかりです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 学習障害

    2016-8-8

    私の中学生の息子なのですが、適応障害と診断されました。【体験ブログ】

    実は、ここに行き着くまでにかなり長い道のりでした。 最初は、中学2年生になって、急に学力の低下…
  2. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
  3. 仕事を辞めたい

    2017-10-18

    催眠療法でADHDの症状が若干治まりました。【体験談】

    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る