情緒障害児短期治療施設

うちの子は何かが違うかも、と思ったのは、習い事がきっかけでした


2歳半の頃に薄々気づき始め、3歳半になる頃には心理士さんから自閉症スペクトラムの傾向がある、と説明されました。
現在、4歳の息子は、春から療育の受けられる通所施設に楽しく通っています。


私が最初に、うちの子は何かが違うかも、と思ったのは、習い事がきっかけでした。
それまで、同じくらいの年齢の子どもと遊ぶ機会が少なかったので、初めて子どもの集団の中に入りました。

息子のこと知らない人が見たら多動っぽく見えるのかもな…、そう思った時・・・


音楽に合わせてリズム遊びをする習い事だったのですが、他の子はお母さんの近くで、たまに駄々をこねたり、いやがって泣いたりするものの、簡単な指示には従っているように見えました。


私の息子だけは、みんなとは逆方向に走ってみたり、壁にぶつかってバウンドするようにあっちこっち駆け回ったり、無理に引き戻そうとすると床に頭を打ち付けるかたちで抵抗しました。


初めてだから慣れないんだろうと思いながら帰宅して、ふと、小学校の職員をしている友人の多動という言葉を思い出しました。
あんな感じに動いていたら、息子のこと知らない人が見たら多動っぽく見えるのかもな…、そう思った時に、自分の中でエ!という驚きの声が上がりました。

急に不安になって、携帯で多動とはどういうものか調べ始めました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">



普段はどちらかというとおとなしい息子だったので、そんなことは考えたことは無かったのですが、色々と調べていくうちに、ADHDの症状よりも自閉症スペクトラムの症状に思い当たる点が数多くありました。


言葉の発達がゆっくり、クレーンをする、ミニカーなどをきっちりと並べる、ママという言葉よりも先に電車の名前を言ったり、テレビに映った電車の名前を読み上げたこともありました。


それから不安になって、市の運営する発達相談窓口に電話をかけました。


発達相談を希望する親子は大変多く、心理士さんと面談する日は4ヶ月先になってしまいました。

発達相談には夫と息子と三人で行きました。
心理士さんに気になるところなどを話しつつ、息子の遊び方を見るという内容でした。


その時も、息子はあまりコミュニケーションは取らずに、初見のパズルを一気に完成させたりと、すでに得意の方向性は偏ってみられました。

私は、入園予定の幼稚園の手続きを進めている旨を心理士さんに伝えました。
すると、心理士さんが急に涙ぐんだので、夫と二人で焦りました。

帰り道、夫と、息子は私達が思うよりも自閉症の傾向が強いのかもしれないね、と話しました。


その後、予定していた入園は見送り、母子で通う療育を10ヶ月受けました。


その間に、発達検査等をして、正式に自閉症スペクトラムである、ということが分かりました。

周りに合わせる速度を緩め、ゆっくり息子と向き合うことで、私達も自閉症スペクトラムが病気ではなく、たまたま彼が生まれ持った性質として受け止められるようになりました。
息子は息子のペースで成長しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい

    2017-5-15

    衝動性の強いアスペルガー障害と診断された私の人生。【体験ブログ】

    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
  3. 情緒障害児短期治療施設

    2017-3-2

    アスペルガー症候群とADHDの長男が小学校1年生に。【体験ブログ】

    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る