現在13歳である私の息子は発達障害。【体験ブログ】

学習障害

小学6年生で不登校になってしまいました。


現在13歳である私の息子はいわゆる発達障害です。
未熟児で、しかも3月生まれだったため、幼少期はとても小さく、かわいらしい子供でした。

周囲の子供たちよりかなり不器用なことは早くから気づいていましたが、私は

「3月生まれで未熟児だったんだから、できないのはしょうがないよね。」

ずっと自分に言い聞かせてきました。

また、そんな華奢で不器用な息子を誰もが温かい目で見守っていてくれ、援助の手を差し伸べてくれていましたので、小学5年生頃までは、これといってトラブルもなく過ごしていました。



ところが、小学生も高学年になると、”誰もが”温かい目では見てくれなくなってきます。




「なんでいつまでも出来ないんだよ。」
「ばかだなぁ」
「邪魔だからあっち行け」

と言われるようになり、


とうとう小学6年生で不登校になってしまいました。
この頃は精神的にも非常に不安定になり、2次障害を引き起こしてしまいました。

フリースクールという居場所を見つけ、通うことができるようになっています。



中学生になった現在も不登校の状態は続いていますが、フリースクールという居場所を見つけ、通うことができるようになっています。
しかし、今度は別の問題が起きてきます。

華奢で可愛らしかった息子は成長期に入り、ぐんぐんと成長。
また家から出ることが少ないため、どうしても運動不足になってしまいます。

こうして現在80kgを越え、立派な肥満体型が出来上がりました。

それによって、自転車で転んでパニックになっても、道が分からなくなって困っていても、お金がうまく数えられなくてレジでうろたえても誰も助けてくれなくなりました。



発達障害は外見で分かる障害ではありませんので、私の息子も障害者だとは気付かれません。



つまりオジサンのような見た目の中学生の男の子がドジをしていても、皆無視するのです。


しかし、本人の中身はまだ小学生の低学年レベルです。「ママ―」と昔と変わらずなついてきます。こうした見た目と精神年齢のギャップがどんどんかけ離れていってしまっているのです。
発達障害についての書籍の中で、「実際の年齢の2/3程度の成長をしていく」というのを読んだことがあります。


つまり6歳の頃は2/3である4歳程度の精神年齢でも、12歳になると、8歳程度の精神年齢にしか到達しておらず、その差は開く一方なのです。
しかも、見た目の成長は順調そのものですので、年を追うごとに周囲の視線の冷たさを感じるようになってきています。


本人はそれほど意識していないようですが、私個人としては、年々孤立していく自分と息子の立場を不安に思わずにはいられません。
「発達障害は受け入れるので、見た目の成長も止まってくれないだろうか…」と思うばかりです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  2. ADHD 仕事 対策

    2017-2-18

    大人になってADHD、AQ(アスペルガー症候群)と診断。【体験ブログ】

    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  3. ダニエル・ラドクリフ 障害 病気

    2016-5-3

    ダニエル・ラドクリフさんの場合【統合運動障害の有名人・芸能人】

    群発頭痛、アルコール依存症、運動障害と闘ってきたダニエル・ラドクリフさん ハリー・ポッター役で…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る