反社会性パーソナリティー障害

弟が広汎性発達障害と分かったのは、中学生になってから

わたしは弟が広汎性発達障害です。
私と弟は年が10歳以上離れているために、あまり一緒に遊んだという記憶がありません。
私は中学生になり部活に明け暮れていたため、共に過ごす時間が無かったからです、

でも両親たちは弟が大きくなるにしたがって、変わった子だと思うようになったようです。
例えば予定が変わることを極度に嫌がる、また予測不能なことが起こるとパニックになるという傾向が強かったので、なるべく直前まで予定を伝えないという方法で弟に対処していました。

でもこの方法も時には、裏目に出ることも。




また周りから見ると極度の潔癖症に見えました。

部屋がいつも同じような状態でないと落ち着かないのです。
例えば本の列がちょっと乱れていても気になるので、すぐに直します。
また机の上のものも定位置が決まっていました。

そんな弟をみんなは神経質な人だと思っていたのですね。

弟が広汎性発達障害と分かったのは、中学生になってからです。

それまでは変わった子供だと思いながらも学校では指摘を受けませんでしたし、問題行動を外で起こすこともなかったからです。
でも中学生になると不安感が強くなり、それが原因で頻尿になったのです。

それから心因性頻尿で泌尿器科、心療内科に通うことに。
それからうつと診断され薬物治療を始めることになったのです。

その時に広汎性発達障害がわかりました。弟の性格だと思っていたけれど、それだけではなかったのですね。
家族は納得するとともに、今度は、弟をサポートするには、どうしたらいいかということを考えるようになり、家族の団結が強まりました。

今は成人となり、症状は薬で改善され定職にもついています

それまではどっちかというと家族がバラバラだったような気がします。しかしみんなが弟をサポートする様になりました。
そんな中でも弟のうつ症状とそれから来る頻尿は悪化し、一時期はおむつを着用するほど。

でも内服と家族のサポートがあり、約2年後、おむつはとることが出来るようになりました。
またパニックになった時は、抗不安薬を大量に飲んで病院に運ばれたこともあります。

そのために弟の思春期時代はあまり良い時代たったとはいえないかもしれませんね。
でも今は成人となり、症状は薬で改善され定職にもつき、依然の弟の姿がウソのように生活を送ることが出来ています。

やっぱり家族のサポートは大切だなと思いますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 反抗挑戦性障害

    2017-10-13

    不登校と自傷の為、小児精神科の閉鎖病棟に入院【体験談】

    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  2. ADHD 仕事 対策

    2017-2-18

    大人になってADHD、AQ(アスペルガー症候群)と診断。【体験ブログ】

    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  3. 子供のADHD 診断されたら?

    2015-12-1

    子供がADHDと診断されたらどうする?

    子供がADHDと診断されたらどうすればいいのか? まず、一番大事なのは「ADHD(注意欠如・多…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る