ディスカリキュア 算数障害 学習障害

1人のADHDの男の子の園児の担任に


私は、12年間保育士をしていました。12年間の間に1人のADHDの男の子の園児の担任になりました。
私が、初めて3歳児を担任した時のことです。そのクラスは、30人子どもがいましたし、初めての3歳児の担任で私自身も毎日精一杯でした。


4月当初は、まだ診断されてはなかったのですが、前の担任から手先の不器用さやこだわりなど少し気になるところはあると聞いていました。
彼と一緒に過ごし始めて、だんだんと前の担任が言っていたことがわかるようになりました。

1人の世界にいることが多く、友だちとの関わりも少なめ


激しいことはしないのですが、手先は不器用ですし、着替えをするのに時間がかかったり、すぐに他のことが気になって気がそれてしまったり、遊びも虫が大好きで園庭でひたすら虫を探すという遊びでした。
1人の世界にいることが多く、友だちとの関わりも少なめでした。



最初は、自分もクラスを運営していくのに必死でしたし、今いちまだ彼を理解できてなく、「早くして」と厳しく言ってしまうことも多々ありました。
彼の母親は、年配でやっとできた子どもみたいで彼をとてもかわいがってはいましたが、彼の行動は気になるようで、よく園での様子なども聞いてきていました。


「朝来るまでにものすごく時間がかかるんです」など、彼との関わりに難しさも感じていたようです。
なので、私も園での様子はこまめに知らせるようにしていました。

病院でADHDと診断されて



そうこうして半年位が経った時に、彼の母親から病院に行ってみようと思うので、園での様子も書いてもらっていいですか?
と紙を渡され、アンケートを書きました。


そして、病院でADHDとはっきり診断されたのです。ある程度は、覚悟はしていたようでわりと冷静に話してくれました。
そして、関わり方のコツとしては、1度にたくさんのことを指示されても難しいので短い文で1つづつ指示するようにとのことでした。


又、遊びも少しずつ興味が広がるように、好きなものを通して手先を使う遊びを取り入れると良いとのことでした。
それからは、彼のことをしっかり理解しようと彼への声掛けは短い言葉でわかりやすく、1つづつ丁寧に指示するようにし気長に付き合うように心がけました。




そして、遊びを広げる為に彼の好きな虫の写真を使って、段ボールの手作りのパズルで手先を使って遊びが広がっていくようにしました。
パズルは、興味を持ってくれ「したい」とかれの方からリクエストしてくれるようになり、うれしかったです。


ADHDという障害は持っていましたが、優しくて穏やかな彼には癒されることもたくさんありました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  2. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  3. 高機能自閉症
    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  4. 仕事を辞めたい
    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  5. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは
    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  6. ADHD 原因
    そもそもADHD(注意欠如・多動性障害)の原因はいったい何なのか? 100人に3名とも10名に…
  7. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  8. 情緒障害児短期治療施設
    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…

ピックアップ記事

  1. ワーキングメモリーとは

    2016-9-20

    私は30歳の時に事件に巻き込まれ、うつ病を発症しました。【体験ブログ】

    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…
  2. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
  3. 子供のADHD

    2016-1-28

    ADHDの子供・幼児によくある行動は?

    こんな行動が日常的にある場合は子供・幼児がADHDの可能性あり ADHDの主な3大症状は今まで…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る