DHA+EPA 市販薬

お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善!


ADHDやADDの症状で仕事や学業で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
多動性や注意欠如の症状は日常生活の中でハンデになりやすく、自分や周りの方の為にも少しでもADHDやADDの症状は抑えていくべきでしょう。




美健知箋EPA&DHA


もちろん、ADHDやADDの症状をしっかりと改善&治療していくなら専門のクリニック・病院へ行くことが絶対です。
それが前提の上で市販薬・サプリメントでADHDを改善&治療していくことをお勧めします。

専門のクリニック・病院で処方してもらった薬に加えて、市販のサプリメントでADHDを改善&治療していくのです。

ただ、注意点は市販薬です。
もし、あなたが専門のクリニック・病院で処方してもらった薬があるならその薬を最優先して市販薬の服用は絶対に止めましょう。
副作用の可能性があるため、処方箋と市販薬の同時服用は絶対にNGです


基本的に処方箋と「市販サプリメント」の組み合わせでADHDを改善していくようにしましょう。


市販サプリメントなら「DHA+EPA」一択!


そう、市販されているサプリメントなら「DHA+EPA」がたっぷり配合されているものに限ります!経験者(管理人)からしても、このサプリメントが最も大事だと思っています。

気になるDHA+EPAの効果は?


・DHAの効果
DHAには「神経細胞間の情報伝達に必要ないろいろな突起が伸びやすくなる」という効果があり、これはDHAの効果により、脳内の働きが活性化するので、結果的に注意持続力や記憶力の改善が期待できると言われています。


・EPAの効果
EPAは、エイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸。
EPAが脳に到達し働く事はありませんが、動脈硬化などの生活習慣病を予防し、血液の流れを活性化してくれるので間接的にDHAの働きをサポートしてくれるのです。


そう、ADHD・ADDの症状の中でも「うっかり忘れ」や「注意力散漫」という症状で悩んでいる方はぜひとも摂取したい成分なんです。


DHAは脳に到達し、脳神経を活性化する働きがあるため、継続的に服用していくことで一定の効果があるはずです。


そもそもDHA+EPAとってますか?


ここで大いに声を大きくして言いたいのが

そもそもDHA+EPAとってますか?


ということ。
ADHDやADDの多動性や注意欠如の症状で悩んでいるのにも関わらずDHA+EPAが不足すると、元々のADHDの症状に加えて、さらに脳の活性化に影響が出てしまうのです。





美健知箋EPA&DHA


正直、意外に多いのがこのパターンで、処方箋や薬に頼ってばかりで、脳に必要なDHA+EPAを食事から全く摂取せずになかなか改善されない・・・というケースが多い事、多い事。


1日の摂取目安量としては、

DHAとEPAを合わせて1g以上の摂取を厚生労働省は推奨しています(「日本人の食事摂取基準」(2010年版))。


ADHDやADDの多動性や注意欠如の症状で悩んでいるなら、もうちょっと多く摂取してもいいぐらいでしょう。

ちなみに基準値であれば刺身など生食(マグロトロで2~5切れ、ハマチで3~5切れ)で摂取できますが、毎日マグロトロって現実的ではないですよね・・・


だからこそ、DHA+EPAは簡単かつ手軽なサプリメントでの摂取を強くお勧めします。


おススメはユンケルで有名な佐藤製薬のサプリ


世の中には色んなDHA+EPAのサプリメントが販売されていますが、このサイト的に最もお勧めなのがユンケルで有名な佐藤製薬のサプリ「美健知箋EPA&DHA」です。


コンビニやドラッグストアで購入できるDHA+EPAのサプリメントに比べて段違いの含有量を誇っており、なんと一包で750mgものDHA+EPAが含まれています(他社サプリは350-600mgがほとんど)。

しかも、吸収率が高く、直径たったの3mmという粒の大きさでとっても飲みやすいのが特徴です。


管理人的にはやっぱり含有量の多さがとって魅力的でした。
どうせ飲むなら多いほうが効果も高く、早いですよね。


また、誰もが知っているユンケルブランドっていうのも安心できるポイントでした。
正直、ネット上には色んなDHAサプリが販売されていますが、全く知らない販売会社だと不安で不安で購入できないですもんね。



あくまでサプリメントだから処方箋との併用可能!



そう、あくまでサプリメントだから処方箋との併用可能なのです。
栄養補助食品であり、薬用成分は含まれていないので、病院やクリニックで処方された薬と併用して問題ありません。


毎朝の食事や寝る前に市販のサプリメントでしっかりと脳の活性化を図り、ADHDを改善&治療していきましょう!






美健知箋EPA&DHA



関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 大きな病院で診断

    2016-8-8

    わが子が発達障害の診断を受けるまで【体験ブログ】

    言葉を発するのがちょっと遅かったけれど 私の娘は、2600gと小さくはありましたが自然分娩で元…
  2. 2015-9-15

    ADHDに効く食べ物は?子供・大人の食事療法

    とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  3. 学習障害

    2016-8-23

    姉の子どもがADHD。トラブルに悩んでいます。【体験ブログ】

    保育園のころから気づき始めました。 姉の子どもがADHDです。姉は子どもがトラブルを起こすたび…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る