アダム・レヴィーン

バンド「マルーン5」のメンバー アダム・レヴィーンさん


日本はもとより、世界中で人気のバンド「マルーン5」。
その「マルーン5」のメンバーで主にボーカルやギターを担当しているアダム・レヴィーンさんもADHDであることを公表している海外の有名人の一人です。


アダム・レヴィーンさんはアメリカ合衆国のシンガー・ソングライターであり、前述のとおりグラミー賞受賞バンド「マルーン5」のメンバーで主にボーカルやギターを担当しています。


多くのハリウッドセレブと恋仲になったり、「ピープル」誌が選ぶ「世界一セクシーな男」にも選出されるほど彼ですが、ADHDで大いに苦労してきたらしいのです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">



10代の時にADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断されたアダム・レヴィーン


そう、アダム・レヴィーンさんは10代のころ、専門医の診断でADHD(注意欠陥・多動性障害)であると診断されたのです。

ここでアダム・レヴィーンさんはショックを受けるものの、主治医とともにADHDに対処していくことを選択したのです。

ここで何も対処せず、ADHD/ADDの症状を放っておいたら今のアダム・レヴィーンさんはいなかったことでしょう。

ここで自分のADD/ADHDの症状とうまく付き合うようになって自分の才能をしっかりと発揮できるようになったのでしょう。医師との付き合い方も良かったのか、現在に至るまでこのADHDの症状をコントロールすることができているようです。


とはいえ、とっても大変だったアダム・レヴィーンさん


は、最初のアルバム制作のころ、レヴィーンは集中できず、アルバムを完成させることができなかったと言われております。

頭の中にアイデアはたくさんわいてくるのに、それをどのように形として完結させるかがわからなかったと本人は言っています。


しかし、10代からADHDと向かい合い、しっかりと対処してきたからこそ、自分の本当の才能をいかんなく発揮できたのでしょう。


今ではアダム・レヴィーンさんは有名なオーディション番組である「ザ・ヴォイス」の審査員を務め、コーチも兼任するなど、ADHDを抱えてきたにも関わらず、幅広い成功をおさめています。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. ワーキングメモリートレーニング

    2015-10-3

    ワーキングメモリートレーニングでADHD・ADDが改善?

    ワーキングメモリートレーニングで脳の作業台を広げよう♪ ADHDの原因は今なお研究が盛んですが…
  2. 子供のADHD(注意欠如・多動性障害)

    2015-12-1

    子供のADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    30人に1人はADHDと言われています ADHD(注意欠如・多動性障害)と診断される子供は、日…
  3. 2017-3-15

    ADHDに効く食べ物は?子供・大人の食事療法とは?

    とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る